控除対象配偶者とは、合計所得金額が38万円以下である配偶者が該当します。

所得がパートなどの給与所得だけの場合は、収入が103万円以下の金額であれば控除対象配偶者となります。

ただし、事業所得や雑所得の場合には、収入金額から経費を控除した金額により判断されるので、あくまで、合計所得金額が38万円を超えているか否かでの判断となります。

この記事は役に立ちましたか?
この記事が役に立ったかどうか教えてください。
役に立った0
役に立たなかった0
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。