商品コメントを工夫しましょう

いつ頃商品が届くか、目安を記載しましょう

ユーザーが商品を購入する上で、一番気になることは「今買ったら、いつ届くのか?」という事です。
よって、注文を受けてから、「買い付け」→ 「発送」→ 「購入者の手元に届くまで」 何日間要するのか、その目安はできる限り記載しましょう。
(例:ご注文頂いてから、買い付けに1週間程頂きます。そののち商品を発送し、お手元に到着するまで、さらに1・2週間ほどかかります。)

check!

※海外発送の商品コメントに、関税対策と捉えられる文章を記載することは絶対におやめ下さい。
(例:「関税対策します」「GIFTと記載してお送りします」)
 
※バイマを介さない直接取引(中抜き行為)に誘導するような記載はお控え下さい。
(例:メール、ブログや他サイトのURL、電話番号、配送商品に添付したレター等での誘導)

発送方法の説明は明確にしましょう

発送方法をA/Bと複数設定した場合は、それぞれの特徴をしっかり説明しましょう。

 

記載すべき説明

  • 通常、発送から○○営業日で到着
  • 追跡番号 あり or なし
  • 補償 あり or なし
  • 発送料の目安 ○○円 〜 ○○円

色の表記に注意しましょう

実物の色と、商品画像との差がないか、異なる場合はその旨をしっかり説明しましょう。
 
購入者との問い合わせのやりとりでは、画像を送ることができます。
色合いをはじめ、少々の傷や汚れなども、新品だからこそ気になるものです。
発送前に一手間にはなってしまいますが、ぜひ「こんなアイテムをこれから送りますよ」という意味でも画像を送ると安心して到着を待つことができます。

サイズは日本人目線の表記をしましょう

■日本人目線でのサイズ表記も添えると、ユーザーがサイズ感をイメージしやすくなります。

例:UK8サイズです。日本のSサイズ、7号サイズの方に適していますなど。

 
■ブランド特有のサイズ感がある場合は、その旨記載してください。

例:このブランドは規格サイズより小さめにできており、通常よりハーフサイズ上がオススメです。

 
■出品者自らそのアイテムを着用した事がある時は、使用感、着用感を記載するとより親切です。

例:よく伸びる生地でできているので、体のラインにぴったりフィットします。

ページTOPに戻る