「関税負担なし」商品の関税返金方法が知りたい(出品者向け)

※出品時に「関税負担なし」で“購入者申請時、全額負担”を選択された場合の返金方法となります。

はじめに

原則として、海外から品物を輸入した場合、関税(※)は「輸入者(受取人)」が支払うこととなりますが、「関税負担なし」を選択して出品された商品の場合は、出品者に負担していただきます。
※関税には輸入消費税や通関手数料等も含みます。
商品受け取り時に関税の請求がされた場合、購入者が立て替えた後に返金申請を行い、
出品者が承認を行いますと、関税額が控除(※)され、BUYMA経由で返金されます。

※承認を行うと次回振り込み予定の成約代金から申請額が控除されます。
※入金リストには反映されません。
※日本時間4月19日12時(正午)以降のご注文が対象となります

(例)検索結果での「関税負担なし」アイコン

申請に必要な書類について

原則として、関税の領収書、インボイス、輸入許可通知書(課税通知書、輸入申告控)の3種類が申請に必要です。
※DHL、UPS、ヤマト国際便など一部配送業者では輸入許可通知書を購入者へお渡ししていない場合もありますが、
領収書で関税の妥当性が確認できる場合は、その他の書類がない場合でもできる限り承認してください
※申請書類についてはこちらでご確認ください

申請~返金までの流れ

  1. 購入者が関税を立て替えた場合、出品者に関税の返金申請が通知されます。
  2. 申請された内容をご確認ください。
    ・申請対象の取引で間違いはないか
    (領収書もしくは輸入許可通知書に追跡番号が記載されていますので、参考にしてください。)
    ・申請金額に間違いはないか(関税+輸入消費税+通関手数料等)
    ※関税はかからず、輸入消費税+通関手数料等のみの場合もあります。
  3. 申請内容に問題がなければ「承認」を行ってください。
    ※承認完了後、申請内容の変更や却下は一切行えませんので、ご注意ください。
    ※承認完了と同時に関税分を控除させていただきます。
    ※購入者には返金口座登録のご案内メールをお送りし、返金口座登録から2日後(土日祝除く)に返金します。

    ■申請内容や添付書類に誤りがある場合
    修正箇所をコメント欄に入力し、申請を「却下」してください。
    ※購入者から再申請が行われたら、速やかに再確認の上で承認をお願いいたします。
    ■購入者が取り下げた場合
    購入者は、承認前であればご自身で「取り下げ」することができます。
    その場合は、購入者からの再申請をお待ちください。
    ■「却下」した後、購入者から再申請がない場合
    お困りの場合は、まずはお問い合わせ欄より購入者へご連絡ください。
    ご連絡いただいて3日経過しても再申請がない場合には、カスタマーサポートまでご連絡ください。

申請可能期間について

・「発送済」ステータス以降に申請が可能となります。

・「取引完了」「強制キャンセル」ステータスになった後でも、【14日間以内】であれば申請が可能です。
※申請可能期間は、販売実績の該当取引ページに表示されます。

・購入者が申請可能期間(14日以内)までに何らかの事情で申請出来なかった場合、
特別に事務局で申請可能期間を延長する(特別申請)場合もありますので、ご協力をお願いします。

事務局による承認・却下について

何らかの事情により申請が進まない場合、返金を滞りなく進めるために事務局で申請内容の妥当性を判断した上で予告なく承認・却下を行う場合がございます。
申請手続きについては購入者と連絡を取り合ってお早めにお済ませください。

注意

関税返金のための申請ですので、それ以外の目的でのご利用はお控えください。

ページTOPに戻る