BUYMA等で専業の商売を始める場合の申告

一般的に副業でBUYMAで出品者活動を行っているケースでは、年間所得が38万円を超えれば『雑所得』として確定申告を行います。

ただし、専業で行っている場合には『事業所得』として申告を行うことになります。この場合には、税務署に『開業届』という届出書を提出しなければなりません。

また、『青色申告の届出』を行うことで、最大65万円の特別控除や、翌年度以降への損失の繰り越し、仕事を一緒にやっている家族への給与支払いなど、様々な特典を受けることができます。
ただし、青色申告を行うには、上記の(収入-必要経費)の計算等を複式簿記の方法で継続して記帳しなければなりません。

ページTOPに戻る