検品・梱包・発送で気をつける点は

検品について

商品は、必ず出品者責任のもとで検品を行い、問題がないことを確認してから購入者へ発送してください。

BUYMAでは問題のない商品をお届けいただくところまでが出品者の責任範囲となっていますので、十分な検品を行わず、届いた商品に問題(不良・注文相違・数量違いなど)が発見された場合は【出品者負担での交換(返品)対応】をご自身で行っていただく必要があります。

トラブルのない安全なお取引のため、下記の点などに特に注意して検品を行ってください。

《検品のポイント》

  • 出品時の画像や商品詳細と異なる点がないか
    サイズ表記や色味、デザインなどに相違がないか、必ず確認してください。
    ※検品時に注文情報と違う点が見つかった場合には、買い付け先と購入者に必ず連絡し、発送期限の延長申請なども含め、話し合いの上で対応を進めましょう。
  • 注文内容と相違していないか
    間違った色やサイズを送ってしまうとトラブルになります。交換・再送には大変時間がかかりますので、はじめから間違いのない商品を発送できるよう、再度確認しましょう。
  • 商品に問題がないか
    ほつれや汚れ、機能の故障、破損といった初期不良がないかを確認してください。
    海外と日本国内の品質には差異のある場合も想定されますが、基本的には「日本国内で流通している正規品」と同程度の品質のものを発送していただくようお願いします。
    商品がアウトレット品である場合など、事前に判明している品質については「商品コメント」に記載してください。

    ※商品に問題があるというクレームを受けた場合についてはこちら
    ※BUYMAの品質ガイドラインはこちら(ご利用ガイド)

発送後にクレームとなった場合のために、検品時に日付や取引IDがわかる商品写真を撮影しておくことをお勧めいたします。

注意

出品者責任での検品を経ない「買付け先からの直送」は禁止です。

上記の直送が確認された取引については、トラブルに発展した際に十分な出品者保護ができません。万が一の場合にも、補償が適用できないことや、取引自体をキャンセルすることがありますのでご注意ください。

梱包について

綺麗に畳む、商品が傷つかないようエアキャップで梱包する、など丁寧な梱包を心かけてください。
輸送中の破損などは、梱包次第で避けることができます。

※梱包の丁寧さは、お客満足度に繋がります。心を込めて、丁寧に梱包を行ってください。

※くわしくはこちら(梱包ガイド)

発送について

  • 注文から18日以内に商品を発送してください。
    注文から18日以内に発送できない場合、購入者に連絡の上で、発送期限の延長申請を行ってください。
    延長申請を行わない場合、または購入者が拒否した場合、取引は発送期限後に自動的にキャンセルとなります。

  • 購入者(お届け先)に発送した際に、発送通知を行ってください。
    発送していないのに発送通知を行うことや、海外買付け先から出品者までの配送開始時に発送通知を行うことは「仮発送」と見なされ、禁止されています。
  • 値札や商品のタグは、可能な限り付けたまま配送してください。
    特に新品かどうかが判断しにくい衣類の場合、値札が付いていると購入者に安心していただけます。
    ※店頭価格を購入者にご案内する必要はないので、価格の部分は切り取り・黒塗りして構いません。
  • 「追跡サービスあり」の配送方法を推奨します。
    海外、国内を問わず、BUYMAでは「追跡サービスあり」の配送方法を推奨しています。
    追跡サービスのない配送方法の場合、商品到着までの間に、配送遅延や所在不明など、トラブルになる可能性があります。

    ※追跡サービス「あり」「なし」の違いについてくわしくはこちら
  • 購入者が注文した配送方法を守ってください。
    購入者は「追跡サービス」の有無など、配送方法を重視しています。
    やむを得ず配送方法を変更する際は、かならず事前に購入者の了承を得てから発送してください。

    ※了承なく注文と異なる配送方法を使用した場合、強制的な取引完了が遅くなることがあります。
  • トラッキングNO.(追跡番号)は必ず正しい情報を入力してください。
    トラッキングNO.の入力を間違えると、配送状況を購入者が確認できずトラブルの原因となりますので、必ず正しいトラッキング情報を入力してください。

    ※トラッキングNO.から配送状況を確認できない場合も、BUYMAでの強制的な取引完了ができず、購入者が完了させない限りは決済が最大2ヶ月保留されます。
  • 配送伝票を半年間保持してください。
    発送後に、トラッキングNO.(追跡番号)の確認が必要になる場合や、発送の証明を購入者から求められる
    場合もあります。
  • 配送伝票には、ご自身の氏名・住所・電話番号を必ず記載するようにしましょう。
    購入者が、商品を受け取ることができずに返送されてくる場合もあるためです。
    また、万が一偽名等を用いると、購入者から不信に思われてしまい、無用なトラブルになる可能性があります。

注意

発送後も「買付けのレシート」「発送伝票」は大切に保管してください。トラブルの際などにご提示いただく場合があります。

ページTOPに戻る